焙煎工房 Roastery

 

 

ブラジル屋 珈琲工房


1987年、店舗の移転に伴い木更津市幸町に移転。 

それまでは、店舗内にて焙煎を行っていました。

焙煎工房 Roastery 

 

    

 

ブラジル屋焙煎工房は、1987年の店舗移転に伴い木更津市大和から幸町に移転。 
創業当時からの直火式と半熱風式の2台の焙煎機を使用しています。
ともに日本製「Lucky Coffee Mchine 8kg」と「FUJI ROYAL 3kg」です。

 

 


2 Coffee Roasters

 

LUCKY COFFEE MACHINE 8kg
直火式
 

ブラジル屋の創業以来動いてます。
昔の焙煎風景

1回の焙煎で 3キロから6キロ
主に中煎り~深煎りを焙煎しています。
アナログ温度計で、焙煎士の経験からの感覚で焙煎を行います

LUCKY COFFEE MACHINE 8kg  直火式

 

 

FUJI ROYAL 3kgRoast Logger
半熱風式 


2キロ以下、少量の
焙煎を行います。
浅煎り~深煎りを焙煎。
ローストロガー(高性能の温度計)を使用。
データからより細かい焙煎を行います。


FUJI ROYAL 3kg+Roast Logger 直火式

従来の温度と時間だけでなく、グラフ曲線など面からアプローチします。
また、公開された焙煎データ等からその焙煎を再現し、幅広く焙煎を模索しています。

FUJI ROYAL 3kg+Roast Logger 直火式


昔ながらの焙煎と新しい視点からの焙煎。
どちらが良い・悪いではなく、これらを比較しながらコーヒーの幅を広げることが出来ればうれしいです。

 

 ▼ Go to Roastery | Flickr
Roastery